忍者ブログ

Basement Workshop

Miscellaneous stuff about audio, radios, guitar and alcohol

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


超狭帯域直接給電FMアンテナ

何でも「超」を付ければ良いというわけではないが (笑)、Qマッチを使用した2/3エレFM用アンテナとしては、破格だろう。

(本来の目的)
RF段 (IF段) で一生懸命不要電波を排除しているのだから、アンテナだって大口を開けているのではなくて、同調型と言えるくらい狭帯域にしてもよいのではないのかと思ったのが発端。MLAでは高利得化に目途が立たなかったので、八木で模索してきた。
給電インピーダンスを低くすれば狭帯域化ができるのが分かったため、前回は19Ωの2エレを製作。

(Qマッチのバリエーション)
75Ωフィーダや50Ωフィーダを使用していくつかのQマッチのバリエーションが考えられるが、給電インピーダンスが余り低過ぎるとアンテナ自体で実現できなくなるので、75Ωフィーダを使用して
    (1) 2本パラで18.75Ω
    (2) 3本パラで8.33Ω
    (3) 4本パラで4.69Ω
といったところだろう。

(帯域幅の比較)
2エレ/76.1MHz/地上高2mの条件で、75Ω版と上記3種類を比較してみた。
bd809be8.jpeg

75Ω





3ab1bef8.jpeg

18.75Ω





a24db1d9.jpeg

8.33Ω






a244c325.jpeg

4.69Ω





75Ω版が優等生的なカーブなのに対し、その他のアンテナのカーブを見れば、敢えて「同調型」と言っている意味が分かるだろう。

(弱点の克服)
低インピーダンス型アンテナの弱点は、FB比が良くない点。
4.69Ωの場合、FB比はわずか4.55dBしかなく、後方や横方向から直近周波数または同一周波数に被ってくるノイズには弱い。
そこで4.69Ωを維持しつつFB比を上げるために3エレを設計してみた。
結果、18dBほどのFB比が得られ、実用的なレベルに。
850dc09b.jpeg2a5097e0.jpeg










 

拍手[1回]

PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
[05/26 2H]
[02/03 ポムロル]
[01/24 cooltune]
[10/11 ポムロル]
[10/10 BLUESS]
[10/05 ポムロル]
[10/04 BLUESS]
HN:
ポムロル
性別:
男性
自己紹介:
真空管ラジオ、無線機、オーディオ、ギター、洋楽が大好きなオヤジ。
Copyright ©  -- Basement Workshop --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ