忍者ブログ

Basement Workshop

Miscellaneous stuff about audio, radios, guitar and alcohol

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


PLL 検波と Ratio 検波

これまでに 13 台も買ってしまったチューナー。

簡単に言うと、Ratio 検波の YAMAHA と、それ以外の会社の PLL 検波、とも言えるか。
パルスカウントは F-500 と L-01T を持っているが、 L-01T は修理待ちなので、傾向はまだつかめていない。

★所有機器
Ratio 検波 PLL 検波
YAMAHA
 T-1
 T-4
 T-7
 T-9
 TX-900
KENWOOD
 KT-5020
 KT-V990
SONY
 ST-S333ESX
 ST-S333ESXⅡ

★傾向比較
  Ratio 検波 PLL 検波
S/N  無音時のノイズが目立ちやすい。
信号強度が強ければ問題にならないが、信号が弱い場合がネック。
 聴感上のS/Nが物凄く良い。 信号強度が弱くても十分なS/Nが得られる。
音場感  S/Nが PLL に比べて悪く感じるのと相反するのか、広がり感が良く出る。
リバーブが良く聞こえる。
悪く言うとウェット。
 クールでドライな性質なため、音が点で聞こえ、広がり感は影を潜める。
音楽性  音場感が良いため、演奏者の意図がよくわかり、かつ聞き流しても疲れない。
 ギターアンプの「箱鳴り」の違いがわかる。
 ハッとするくらいに楽器が見え、定位感が強いため、間近で聞いている感じ。
暗闇に楽器が浮かんでいる感じがするため、オーディオ的には面白いが聴き疲れする恐れあり。

(結論)?
やはり、YAMAHA は楽器メーカであるという誇りからなのか、「スペック至上主義」 ではなく、より音楽性を感じられる Ratio 方式を選んでいるように思う。
13台の中の最高を選ぼうと思っていたのだが、聞くときと聴くときの違いで分けなければいけないのだ、が結論。

すなわち、録音なら PLL、ギターフレーズや使用楽器・イフェクタのコピーなら Ratio 検波かな。

拍手[1回]

PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

無題

「ギターアンプの「箱鳴り」の違いがわかる。」

この表現に同意します。

実は最近、ついにTX-2000を入手して聴き比べしています。
私見ですが、TX-2000>T-9>T-2000W の印象です。
アンテナ入力強度が充分に得られるなら、YAMAHAのレシオ検波はかなり優秀と思います。

無題

BLUESS さん、コメントありがとうございます。
Ratio 検波の特長に同意いただきありがとうございます。
ギターをやっていますので、オーディオ機器の選択時にはプレイヤーの特長を出せるものに反応します。

>ついにTX-2000を入手して聴き比べしています
羨ましいです。Ratio 検波の最高峰は、また次元が違うのでしょうね。
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
[05/26 2H]
[02/03 ポムロル]
[01/24 cooltune]
[10/11 ポムロル]
[10/10 BLUESS]
[10/05 ポムロル]
[10/04 BLUESS]
HN:
ポムロル
性別:
男性
自己紹介:
真空管ラジオ、無線機、オーディオ、ギター、洋楽が大好きなオヤジ。
Copyright ©  -- Basement Workshop --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ