忍者ブログ

Basement Workshop

Miscellaneous stuff about audio, radios, guitar and alcohol

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


YAMAHA T-2x


KENWOOD L-03T の修理も長い間進んでいないのに (問題のIFT は特定できているが)、YAMAHA のT2x に浮気 (笑)。

(初期の状態)
・全体としては綺麗だが、傷だらけ。
・シグナルメータの中段が点灯しない。
・CAL TONE が動作しない。
・最適同調点 (マルチパス表示最少点) が 70~80kHz 下側にある。
・これまでのチューナ同様、音がいがらっぽい。ベースの音程が不明瞭。

(調整・エージング後)
RF/IF 段調整、レシオ検波のNULL 点調整を行った後長時間動作させていると、最初に感じた違和感が後退してきた。
TX-900 の調子のいい時 (笑) と、ST-S555ES の中間のような良い音がする。
高音の抜けが若干悪いものの、チェロの運指の音と楽器の固有共振の音がよく聞こえ、遠近感と倍音の分離感がよい。
気まぐれなTX-900 などに比べると安定感が抜群にいいが、全幅の信頼を置いているT-7 に比べると、透明感とか空気感に欠ける感じ。

(今後の展開)
・CAL TONE/シグナルメータの動作不良は、全半田のやり直しの結果待ち。
・RF/IF 段、アナログアンプの電源ラインの電解コンデンサ交換
・各歪補正の調整

(蛇足)
妨害なのかノイズなのか分からないが、今日の電波のコンディションが今一だった。
そこで試しに市販の3 エレアンテナに換えてみると、若干信号強度は上昇するものの、ノイズだらけでステレオになったりならなかったり (Local Mode)。
信号強度はそれほどでもないのにちゃんとステレオになる、自作狭帯域直接給電2 エレ八木。
AC ラインにコアを複数挿入しているT-7 とこのアンテナの組み合わせでノイズが低く透明感を感じるのは、AC ラインとアンテナ経由で相当ノイズが混入している証拠

拍手[0回]

PR

ワイヤアンテナ用広帯域トランスの製作

家の吹き抜けの部分にワイヤアンテナを這わせてHF帯のモニタ用に使用しているが、高いバンドで今一つうまく受信できないため、インピーダンスが高いと判断し、変換トランスを製作することに。

(形態と部品集め)
20年以上前、秋葉原がまだオヤジの楽園だった頃 (笑) に買ったメガネコア (Binocular Core) を持っているし、コネクタや端子も手持ちで対応できそうだ。問題はケースだが、わざわざ買うこともないと思いガチャポン用のケース (笑) とすることに。

(製作)
・メガネコア
・75/50Ω変換器で残ったUWE線
・蝶ネジ
・BNCコネクタ
を使用して作成。難しいところはない。ここを参考にした。


(効果と今後の展開)
7MHzバンド以下、中波帯を含めて全くダメ。明らかにスペクトラムが上にずれている。
手元にあったメガネコアのMixが製作記事で指定のものと異なる様だ。
それ以外はノイズも減って、了解度が上がった感じ。
後で記事指定のコア (Fair-Rite  2873000202) を買って変更する予定。





拍手[0回]


FM用19Ω直接給電2エレ八木 (その2)


Qマッチを応用して、超狭帯域のアンテナのシミュレーションや実験をしてきた。しかし、長期に渡り使用可能な完成版の着手になかなか至らないのには理由がある。
設置・解体が簡単な上に、19Ω直接給電2エレ八木でもその性能が十分で、それ以上を求める理由がないのだ・・・。

(その性能)
実は、良さを数値で示すための機器がないため、「S/Nが**dB向上した」といった表現ができないから歯がゆい。
この周辺の受信環境はお世辞にも良いとは言えず、T型アンテナやフォールデッドダイポールごときアンテナではノイズだらけでFMなんか聴く気も起きないのだ。
それに対し、たった2エレメントであるにもかかわらず、LXA-0T3を通してもボロが出ないほどノイズが低い。正に目から鱗。

(問題点)
 -  「直接給電部」の悪影響
   直接給電に最適な最終形を決められないでいるため、未だにみの虫クリッ
           プを使用している。
   設置するたびにアルミパイプの酸化被膜を貫通できるからだ。しかし、こ
          こに問題あり。
   これまで、何故かドリブン・エレメントの長さを計算値より短くしないと
          だめだったが、実はこの2cmほどのみの虫クリップが、エレメントの一部
   またはスタブとして動作していたことに気付いたのだ。
   同軸からの距離を最小にした上でリベット留めにしないとダメな模様。

(汎用と言えない難しさ)
 (1) Qマッチの製作
   実際に使う同軸ケーブルで1/4λを測定できないとだめ。
   最低でもディップメータがないと・・・。
 (2) 調整
   「狭帯域=ディップ点がクリティカル」なため、SWRアナライザによる現
           物での調整をしないと性能が発揮できない。
   広帯域アンテナの「大体の寸法で動作」は成り立たないのだ。
 (3) 多局対応
   19Ω直接給電2エレでは、2MHz近く離れたローカル局では問題ないが、そ
           れ以上だとダメ。
   下手をすると聴きたい局数分のアンテナが必要になるかも。
   しかし、エレメント間隔が40cm程度だし、その満足感をもってすれば複数
           製作も問題なし?

(多極フィルタに似ている?)
1本のエレメントでは同調のカーブは緩いが、近い同調周波数の複数本のエレメントを結合させると急峻なカーブとなる。
なんだか、多極型のクリスタルフィルタやメカニカルフィルタと動作の原理が似ている
いやあ、面白いなあ。


拍手[0回]


KENWOOD L-03T


L-02Tの音は一生聴くことができないのだろうな、と思っていた。
しかし、型番は"1"大きいが、とうとう踏み込んでしまったのだ。未体験ゾーン、ノンスペクトラム IFに。全く動作しないジャンクなため、踏み込んだその足がズブズブと沈み込むような感覚 (笑)。

(造りの印象)
見た目はまるで KT-1100のブラック版。基板の IFTの数がとんでもなく、チューナというより通信機。
RF系がこんなに豪華なのに、電源がこれまたアッサリし過ぎ。

(初期状態)
アンテナを付けようが、SWRアナライザで妨害を試みようが、ホワイトノイズが空しく響くだけでシグナルメータさえピクリとも言わない。L-01Tで経験した、あのいやな感じが蘇る。
外観だけは傷一つない完全品。

(トラブルシューティング)
最初は"OSCのトリマに違いない"と思って何度もグリグリ回してみたが、下記のように実際は問題なかった。
SWRアナライザとディップメータを使用し、使用周波数が異なる以下のブロックの動作確認をしてみた。

(1) FMバンド周波数
76 - 90 MHz
SWRアナライザ、ディップメータの結合により同調周波数を確認・調整。
TC1/TC2/TC4 はすべて大幅にずれていたが、調整できた。RFアンプ周辺は動作している。

(2) OSC
65.3 - 79.3 MHz
SWRアナライザで校正したディップメータの吸収計を使用して、OSCトリマ (TC6/TC8) により発振周波数を調整。

(3) IF
10.7 MHz
ディップメータの発振器をミキサ Q2 (3SK74) 周辺、T1に結合させても全く反応なし。IFアンプ (Q1) 後段の IFT (L4~L7) に密結合させると、やっと反応。

(4) VCO
6.2 MHz
L20 が反応する。

(5)ノンスペクトラム IF
4.5 MHz
関連 IFTが反応する。

(ここまでの結論と今後の展開)
IF周辺が全く動作していないため、ミキサ Q2 が故障している感じ。
メイン基板のハンダのやり直しをしても変化が無いため、フロントエンド基板を外さないと何も進まないことに・・・。



拍手[0回]


LXA-0T3

0T1の時は今一つピンと来なくて後でかなり後悔したので (笑)、今回は急いで買いに行った。
最初に「ディジタルアンプ」と聞いた時は「どうせディジタル機器のダイナミックレンジやS/Nに対応しただけ」のこれまでのアナログアンプの延長線上か、と勘違いしたものだ。

(最初の印象)
形状や見た目はこれまでのものと同じ路線。
基板の造りは素晴らしいが、リード部品が傾いたままはんだ付けされていたり、後部の入出力端子のパネル取り付け面が面一になっていないなど、若干チープさが漂う。

(肝心の音)
エージングもしないまま、いきなりFMチューナの出力をつないで試聴 (視聴ではない) してみた。
恐ろしいほどのS/N。明らかに分かる、解像度の良さ。
ということは、FMチューナのピンケーブルまでは情報量が失われていないということだ。
しかし、レシオ検波のチューナなのにPLL検波を聴いているかのよう。
暗がりで誰かがこっちを窺っているような印象で、残響音の微塵も感じられない。

(エージング後の音)
「こんな音 (楽器) も入っていたのか」と聴くたびに驚かされる分解能。
残響音も姿を現し、若干ブーミーと感じた低音も、むしろもう少し出て欲しいくらい。
しかし、何だか「色」を感じない。オーディオとしての性能を存分に引き出しているに違いないが、何かそっけないモノクロ写真を見ているようなのだ。
ま、これ以上をこのシステムに望むべきではないのだろうな。

(問題発覚)
(1)音量を上げると飽和?
いつも聴いている音量より若干上げてみた時のこと。今までの抜けるようなダイナミックレンジ感が、詰まったような音に変化。あの小型部品で構成される出力回路でハンドリングできる電力は、見た目通りなのか。

(2)大量のノイズ発生
チューナをFMからAMに切り替えた時のこと。聞き覚えのないノイズが民放に混入。バンドをスイープしてみると、各所でメータが振り切れるノイズ。
「ディジタル」という時点で嫌な予感はしていたが、入出力どちらか (または両方) のラインがアンテナになっているものと思われる。
このノイズがアナログラインには影響していない、とはとても思えない。
基板をシールドケースに入れるのは当然として、ラインに漏れて行くノイズを根絶できるのかどうか・・・。
TDA7491HV にホニャララ (笑) を貼ってみたり、CDプレーヤ用に買っておいたライントランスを入れてみるか?



拍手[0回]


05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
[05/26 2H]
[02/03 ポムロル]
[01/24 cooltune]
[10/11 ポムロル]
[10/10 BLUESS]
[10/05 ポムロル]
[10/04 BLUESS]
HN:
ポムロル
性別:
男性
自己紹介:
真空管ラジオ、無線機、オーディオ、ギター、洋楽が大好きなオヤジ。
Copyright ©  -- Basement Workshop --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ