忍者ブログ

Basement Workshop

Miscellaneous stuff about audio, radios, guitar and alcohol

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


KENWOOD L-01T の修理

ステレオでは無音、モノラルでしか聴く事のできなかった、KENWOOD L-01T。

<当初の解析と対処>
単純に、Stereo/Monaural 切り替え SW の出力信号の故障と判断し、ドライブ用トランジスタの交換をしてみたが、全く変化なし。

<その後の症状>
サービスマニュアルに従って、できる範囲の調整を行ったが、
  • まず、そもそもステレオに分離できていない
  • このため、ステレオ側に切り替えてもミュートがかかってしまう
  • 稀にステレオランプが点灯して音声が出力されることがある。 基板の振動でこの状態になることもある。
<今回の処置と結果>
KENWOOD の製品の電解コンデンサに故障が多いと聞いており、ここをなんとかしないと常に 「モヤモヤ」 なので 「まずは電源部の電解コンを交換してから」 。 電源基板の約 70% を超低 ESR 品に交換。PS.JPG





この結果、Stereo ランプが点灯し、音が出た! でも、音が Monaural のままだ!(笑)
いやいや、これで一歩前進。

<その後の調査と推測>
  • VCO の調整用 VR でステレオランプの点灯が変化することから、パイロット信号に対する同期はできている。 よってLR 切り替え回路以降に問題がある。
  • L/R スイッチング (SCA Switching) 用 IC14 の切り替え信号の Left 側 Low Level 信号が、-5.3V ではなくほぼ 0V。 これでは切り替えが出来ていないはず。
この切り替え信号は、IC13 (4011) の NAND 出力を 6V の Zener Diode 経由で -12V にプルダウンしたものだが、この NAND 出力の Low 側が 5V 程度にしかならない。 同 IC 内の他ゲート出力は Low 時に 0V となるので、このゲートだけが故障していると思われる。
 LR.JPG






4011 は購入してあるので、暇ができたら交換してみよう。

拍手[13回]

PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
[05/26 2H]
[02/03 ポムロル]
[01/24 cooltune]
[10/11 ポムロル]
[10/10 BLUESS]
[10/05 ポムロル]
[10/04 BLUESS]
HN:
ポムロル
性別:
男性
自己紹介:
真空管ラジオ、無線機、オーディオ、ギター、洋楽が大好きなオヤジ。
Copyright ©  -- Basement Workshop --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ